八丈島のトローリング

アクセスカウンタ

zoom RSS 冷水塊の中のトローリング

<<   作成日時 : 2008/07/07 06:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2日間「Tokyo boat FC」の高橋さん達のガイド。しかし、島はまだ冷水塊に覆われ、黒潮本流近くまで走っても25℃台。そこでようやく大型のクロカジキがヒットしたが、壮絶なティールウォークを見せて、喜ばせておいて残念ながらフックアウト(涙)。
2日目も、「よし!、必ず釣らしたる〜〜!」と「意気込んだものの、カジキは姿を見せたがランデングまでならずでした。
しかし、徐々にこの冷水塊も取れてきている。三宅の大会でも数本のランディングはあったようなので、潮が落ち着けばかなり楽しめるでしょう。黒瀬では漁師たちが300キロクラス数尾を目撃、切られてもいる。
今回はスタンディングだが、スタンディングのライトトローリングでは300キロはむずかしいかも?、でも期待は十分ですから挑んでください。
八丈島の流し方は遊漁船なので、船にロッドホルダーが付いていないものがある。パパズインの遊漁船は、基本は4個のロッドホルダーに、後ろの2本はアウトリガーからラバーバンドで止め短めに2本。前のロッドホルダーには少し長めにして2本(内側)。合計4本を流します(船によっては3本しか流せない場合もあります)。
今回ヒットしたのは、左のアウトリガーから流したルアーで一番短いルアーです。それは眼前でルアーを追い、飛び付き、そこから激しいティールウォークを繰り返すのですから、本当に感動したようです。
結局は10.4キロと、7.5キロのマヒマヒ2尾ですが、「この次は必ず釣らせます!」と宣言してしまったので、次回には海況が良くなることを願うしかないですかね。
画像

画像

楽しいひと時
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
冷水塊の中のトローリング 八丈島のトローリング/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる